歯科特殊健診とは?現役歯科医師が対象者、報告義務についてを徹底解説

歯科特殊健診とは?

事業者は、塩酸・硝酸、硫酸など歯や歯茎に有害な物質を取扱う業務に常時従事する労働者に対し、その業務開始前と6ヶ月に1回、歯科医師による健康診断を行わなければなりません。

これを歯科特殊健康診断(歯科特殊健診)酸取扱者等の歯科健康診断、また主な症状名から酸蝕症健診と呼びます。

労働安全衛生法>第66条>第3項
事業者は、有害な業務で、政令で定めるものに従事する労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、歯科医師による健康診断を行なわなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=347AC0000000057

労働安全衛生法施行令>第22条>第3項 
有害な業務は、塩酸、硝酸、硫酸、亜硫酸、弗ふつ化水素、黄りんその他歯又はその支持組織に有害な物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務とする。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=347AC0000000057

労働安全衛生規則>第48条
事業者は、(・・・略・・・)の業務に常時従事する労働者に対し、その雇入れの際、当該業務への配置替えの際及び当該業務についた後六月以内ごとに一回、定期に、歯科医師による健康診断を行なわなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=347M50002000032

歯科特殊健診の方法としては、事業者が地域の歯科医師会などに訪問集団健診を依頼する方法と、労働者が歯科医院に足を運ぶ方法の2種類があります。

しかし、訪問健診は最低人数が決まっている場合もありますので、対象となる労働者の数が多い場合は訪問集団健診・少ない場合は労働者が歯科医院に行くことが多いでしょう。

歯科特殊健診の結果、有害な業務により労働者が酸蝕症等になっていることが認められた場合、事業者は就業場所の変更・作業の転換・作業環境測定・設備の設置などをしなければなりません。(労働安全衛生法>第66条の五)

歯科特殊健診で主に確認する酸蝕症とは?

酸蝕症健診とも呼ばれるように、歯科特殊健診で主に確認する症状は酸蝕症です。

強い酸により歯が溶けてしまう症状で、

  • みかんやグレープフルーツ・レモンなどの柑橘類、梅干しなどの食べ物
  • 炭酸、酢、栄養ドリンク、ワイン、スポーツ飲料などの飲み物
  • 酸性の薬剤・ビタミン剤やサプリメント
  • 胃散

などに歯が長い時間触れることによっても起こります。

歯科特殊健診では、歯を見るだけでなく

  • 上記のような飲食・薬等の摂取状況
  • 逆流性食道炎などの症状
  • 業務で取扱かっている有害な物質の内容、換気・マスクなど業務の状況

これらを総合的に判断し、その酸蝕症が業務により起こっているものかを歯科医師が判断します。

歯科特殊健診の対象者は?

上述の通り、歯科特殊健診の対象となる有害な業務は以下とされています。
塩酸、硝酸、硫酸、亜硫酸、弗ふつ化水素、黄りんその他歯又はその支持組織に有害な物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務

例に挙げられている塩酸など6つの物質は、いずれも取扱に注意が必要なものですが、様々な用途で広く用いられています。

また、その他には、

  • 塩素:酸蝕性を引き起こす可能性がある
  • 水銀及びその化合物:口腔粘膜障害を引き起こす可能性がある

などが含まれると考えられます。

事業者自身で判断がつかない場合は、所轄労働基準監督署に確認してください。

歯科特殊健診の報告義務とは?

歯科特殊健診は酸等を取扱うすべての事業者の義務ですが、これまでその結果を労働基準監督署に提出する義務があるのは、労働者50名以上の事業者のみでした。これは通常の健康診断と同様です。

労働安全衛生規則>第52条
常時五十人以上の労働者を使用する事業者は、(・・・略・・・)の健康診断(定期のものに限る。)を行なつたときは、遅滞なく、定期健康診断結果報告書(様式第六号)を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=347M50002000032

しかし、厚生労働省の実施したアンケート(歯科健診実施状況の自主点検事業)で、酸等を取り扱っていながら歯科特殊健診実施していない事業所が多く、労働者50名未満の事業所では特に低い実施率となっていました。

出典:公益社団法人 日本歯科医師会

そのため、2022年10月1日より労働者の人数にかかわらず、すべての事業所に結果を労働基準監督署に提出する義務が課せられる予定です。また、歯科特殊健診専用の報告書も新たに作成される予定です。

出典:労働安全衛生規則の一部を改正する省令案の概要
(2022年3月23日 厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課)

歯科特殊健診をオンラインで

株式会社スクリエのオンライン歯科健診HAKKENは、歯科特殊健診にも対応予定です。

対象となる労働者が少ない事業者様でも、事業所で、自宅で、労働者の負担を少なく歯科特殊健診を受けさせることができます。

また、オンライン歯科健診の結果から、2022年10月1日より新たに作成される予定の歯科特殊健診専用の報告書を自動で作成できる機能も搭載予定です。
https://sqrie.jp/の問合わせフォームから、お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。